事業概要SERVICES

PAGE Top

オートモーティブ事業

排気ガス規制、燃費規制の強化、安全装置の高度化、ITS(高度道路交通システム)の進展により、自動車(クルマ)の電子制御化が進んでいます。「クルマは機械からコンピューターに変わった」などといわれるように、軽自動車でも約40個、高級車の場合では約120個の車載コンピューター(ECU)が搭載されております。国土交通省は2008年10月発売の一部新車から車載式故障診断装置(OBD:On Board Diagnosis)の装着をカーメーカーに義務付けており、修理・メンテナンス等に関わる方々にも変化と対応が求められております。
当社では、業界に先駆けてOBDのクラウドシステムを開発してまいりました。

OBDスキャンツール

OBDとクラウドを組み合わせ、環境に配慮した新たな事業展開に積極的に取り組んでいます。
  • OBDスキャンツール
  • OBD車載ユニット
  • テレマティクス端末開発
事例詳細

OBD車載ユニット

オートリース業界向けテレマティクス商品
  • ドライブレコーダーと連動して車両運行情報をクラウドで管理
  • 危険運転・事故未然防止、エコドライブの推進を目的として適用。
  • サーバに集積したデータは、Webで閲覧可能。
事例詳細

テレマティクス端末開発

これまでのテレマティクス端末開発のノウハウを元に、開発から運用まで最良のご提案をいたします。
  • 業務の効率化、コスト削減。
  • テレマティクス技術を応用し、他業種との新規ビジネスの開拓。
事例詳細

車載型OBDコネクタ開発パッケージ

OBDの製品開発を検討する企業様向けに車載OBDコネクタが簡易に開発できるパッケージ
  • 車載OBD機器量産化の簡易化、低コスト化
  • 国産乗用車対応ソフトの利用が可能
  • OBD無線対応製品にて最小サイズを実現
  • 低消費電流のため、ハイブリット車、電気自動車への燃費悪化の影響が小さい
事例詳細